純正形状とは

 

ショックアブソーバーは、スプリングと共に、車体とタイヤの間に取り付けられる衝撃緩衝のためのパーツで、スプリングが吸収した衝撃によって揺れ戻しを繰り返して車体に振動を与えるのを緩和する役目を果たします。
構造的にはオイルの粘性抵抗力を使って振動を緩和するのですが、その粘性抵抗力のことを減衰力といいます。この減衰力の調整によって様々な車種や走行状況をコントロールすることが出来、その車の特性に合わせて最適に調整されまた、構造としてはタイヤの上にバネが置かれている形状のものが純正形状です。
これに対してアフターマーケットのサスペンションキットでは、車高調といわれるシリンダーにバネを巻き付けた形のものが採用されています。これは、各種方式の違いはあってもショックアブソーバーの長さを調整して車高を変えられるタイプになっています。
車をどのように走らせたいかによって違うのですが、サーキットなどのような場所でタイムを競うような使い方であれば車高調のほうがいいのでしょうが、一般道を快適にスムーズに走行したいのであれば純正のほうがいいでしょう。
なぜなら、純正の場合、車の設計段階からメーカーが一般ユーザーが通常使うであろう状況を想定し最適に考え抜かれた構造であるからです。

 

コメントを受け付けておりません。