サスペンションの役割と仕組み

 

サスペンションは、懸架装置ともよばれるもので、自動車のボディとタイヤとの中間に設置されている大切な部品のひとつです。自動車の外観からいえば、タイヤの奥に見える鋼鉄製や樹脂製のバネ(スプリング)がその一部にあたります。
この装置は、スプリングのほかに、ショックアブソーバー、 リンクアームの計3つの部品が主に組み合わさって構成されているものです。これらの部品がどのように配置されているかによって、リジットアクスル方式、インディペンダント方式などの違いがあります。
スプリングは、見た目のとおりタイヤの上方についているバネ状のもので、車体の上下方向の荷重を受け止めて車体の姿勢を安定させるとともに、道路表面の凹凸などによるショックを吸収するはたらきがあり、このスプリングが柔らかいほど乗り心地としては良いということになります。
ショックアブソーバーは、スプリングが振動により過度にたわんで車体が安定しなくなるのを防ぐため、その振動を適切に抑える役割を果たす部品で、スプリングと一体で構成されているか、または車軸と車体との間をすじかいのように結んでいます。
リンクアームは、車軸と車台とを連結する棒状の部品であり、垂直方向のスプリングとは反対に、主に左右前後といった横方向の動きを制御しています。
これらが一体となって機能を発揮することによって、自動車の乗り心地や走行時の安定性を改善するという本来の役割を果たすことができます。

 

コメントを受け付けておりません。