ストラット式の特徴

 

車のサスペンションの一形式でホイールの位置決めのためにショックアブソーバーを支柱として利用しているもので支柱のストラットという意味から名づけられたストラット式というもがあります。
ストラット以外の独立懸架サスペンションダブルウィッシュボーン式などでは、キャンバー方向のホイルの位置決めのためのアッパーアームといわれるパーツが必要となりその空間が犠牲となりますが、ストラットの場合はショックアブソーバーが、支柱となるためその分のスペースが車内空間に転化でき居住性を高めることが出来ます。
この点は、エンジンを横置きにするFF車などでは、空間に余裕がないため特に重要となります。また、構造がシンプルでパーツ数が少ないため、コストや重量を削減できるメリットもあります。
デメリットとしては、ショックアブソーバーの車体への取り付け部分とホイルへの接続部分がずれているためショックアブソーバーに掛かる荷重に曲げモーメントの力が加わり、その結果ショックアブソーバのレスポンスが悪くなり、乗り心地が悪化する傾向にあります。また、同じ理由から他の接続部分にもこの力は悪影響を与え、パーツの劣化を速めてしまいます。改善策としては、スプリングをショックアブソーバの軸を外側にオフセットさせることで曲げモーメントを相殺する手法がとられています。

 

コメントを受け付けておりません。