ショックアブソーバの種類と特徴

 

自動車の車体とタイヤの間にあって緩衝装置であるサスペンションの構成部品の一つで、スプリングと一緒に取り付けられている部品にショックアブソーバーがあります。
緩衝剤であるスプリングの揺り戻しによる車体の振動を吸収する役目を担っています。初期には、ゴムなどを利用したものが試されていましたが現在ではオイルの粘性抵抗を利用したオイル式が一般に広く普及しています。
その粘性抵抗力を減衰力といいます。この減衰力の強弱によってその車の特性に合った緩衝効果が得られます。減衰力を調整できるサスペンションの種類では、減衰力調整のためのダイヤルがついておりそれぞれの走行に適した優位性が得られるようになっています。
しかし、これ単体の調整では高速走行時や低速走行時の状況に同時に対応するのは難しいこともあり中にはコンピューター制御で調整を可能とした種類もあります。
その他、車高調といわれるものでは、アブソーバーそのものの長さを調整することによって車の高さを変えることの出来るものがあります。俗にシャコタンとかローダウンと呼ばれています。この中にもCリング式、ネジ式、全長調整式などの調整方法に違いがあるタイプがあり、それぞれの車種や走行条件によって車高が変えられるようになっています。

 

コメントを受け付けておりません。