マルチリンク式の特徴

 

サスペンションはタイヤとボディの間にあって走行性能や居住性に直接かかわる重要な装置ですが、その種類も車種や走行環境に合わせて数種類あります。
その中の一つにマルチリンク式と呼ばれるものがあります。これは、複数のアームから構成されるサスペンションで、それぞれのアームが独立してすべてのアームが物理的に離れた存在であることで、配置をフレキシブルに、よりきめ細やかなセッティングを可能としています。
複数のアームが使われることによりジオメトリーコントロールを精密に管理できるため、タイヤを路面に正確に設置させる機能に優れているという特徴があります。
タイヤの路面に対する接地を精密に行えることで、高速走行時に不安定になりがちなFF車やハイパワーな後輪駆動のトラクションを確保するために後輪のサスペンションに利用されることが多くあります。
反面、複雑な構造のため設計上の困難な部分が多く、設計に少しでも不具合があると逆に性能を落としてしまうことにもなります。また、同様に整備にも分解や組立調整が難しく装置としての能力を維持するにも技術、時間、コストがかかることになります。このような理由から、ストラットなどのシンプルな構造のサスペンションのほうが一般車には向いているともいえます。

 

コメントを受け付けておりません。