固定車軸方式の特徴

 

自動車には車体とタイヤの間に取り付けられ、路面からの衝撃を受け止めて緩和する装置であるサスペンションとよばれる部品があります。このサスペンションは、座席にすわったときの乗り心地に影響するほかに、走行性能や車体の高さにも影響しています。
サスペンションの種類のひとつに、固定車軸方式とよばれるものがあります。これは、リジットアクスル方式ともよばれているもので、左右のタイヤを1本の軸で連結するという、きわめてシンプルな構造となっています。
シンプルであるがゆえに耐久性が他の方式に比べて高く、製造コストの面でも割安になるため、主に前輪駆動タイプのいわゆるFF車のリア部分や、業務使用で負荷が大きい大型トラックなどのサスペンションとして採用されることが多い形式です。
いっぽう、片方のタイヤが受けた衝撃がそのまま他方のタイヤにも伝わってしまうというデメリットがあり、一般にいって乗り心地は悪く、横揺れなどにより走行安定性が阻害されることにもなるほか、安定性を高めるためのチューニングの余地も少ないことが指摘されています。このため、乗用車ではトーションビームアクスル式などの改良した形式が用いられることが多いといえます。

 

コメントを受け付けておりません。