ダブルウィッシュボーン式の特徴

 

ダブルウィッシュボーン式サスペンションとは、上下のV字型、A字型のアームで車輪を懸架するサスペンション構造の事です。
アームの形状が鳥の胸の骨の形(ウィッシュボーン)に似ている事からダブルウィッシュボーンと呼ばれています。
基本構造は、路面に対してほぼ水平に設置されたアッパーアームとロアアームにより、車軸やハブを挟むように支えられているのが特徴で、スプリングとショックアブソーバーは主に、振動・衝撃の緩和を担当するといった役割分担をしています。
その構造上、サスペンションの剛性が確保しやすく、タイヤからの入力に対してキャンバー変化を最小限に抑えられる為、タイヤと路面の間のグリップ力の変化が少ないメリットがあります。
また、サスペンションの設計に制約が比較的少なく、上下のアーム長やアームの取り付け位置等を変える事によるアライメントの自由度が高く、操縦特性等を任意に変える事が出来ます。
中でも、本田技研工業株式会社が開発した、変形式ダブルウィッシュボーンは有名で、前輪、後輪のどちらにも取り付けられる特徴があります。
主に細かなセッティング作業を繰り返すレーシングカー等に採用されており、一般車両では、高級車、スポーツカー、大きなボディをもつ自動車に使用されており、乗り心地を維持しつつスポーツ性を高める事が可能です。

 

コメントを受け付けておりません。