独立懸架方式の特徴

自動車には路面の凹凸などの衝撃を吸収・緩和する装置として、車体とタイヤの間にサスペンションとよばれる部品が設けられており、乗り心地や安定走行に役立っています。このサスペンションの方式にはいくつかの種類がありますが、一般的にいって乗用車には独立懸架方式が、トラックには車軸懸架方式が採用されています。
この方式はインデペンデント方式ともよばれているもので、左右に2つあるそれぞれのタイヤを、別々のサスペンションで支える方式のことを指しています。左右1対で車軸を支える車軸懸架方式とはつくりが対照的ですが、この方式はタイヤが道路の表面の凹凸をとらえる能力にすぐれていることから、ハンドル操作性がよく、小回りが利くという特徴をもっています。もちろん、自動車の乗り心地についても、車軸懸架方式にはない快適性があります。
市街地の複雑な地形を自在に走ることが要求される乗用車にはきわめて適した方式ですが、トラックのなかでもこうした走行スタイルに近い小型トラックなどでは、フロント部分のサスペンションとして採用されている場合もあります。
いっぽう、車軸懸架方式よりも構造が複雑で、製造コスト面でもそれだけ割高になるほか、急旋回した場合などに車体が浮き上がるいわゆるジャッキアップ現象を引き起こす場合があります。

コメントを受け付けておりません。